2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告

2016.01.06 (Wed)

右目左目

去年の後半はずっと右目の調子が悪く、眼科の診断ではドライアイとその状態でコンタクトレンズを使っていたことによる傷ということだったのだけど、久々に長い時間を眼鏡で過ごしました。そして12月になって、今度は調子が良かった左目でものもらいが発生して、やっぱりコンタクトレンズが使えなくなっていました。

年末年始のお休みで帰省し、たった5日とはいえ仕事から離れ、それに伴いパソコンのディスプレイからも離れていたら、両目ともにレンズを入れても違和感や傷みがなくなり、一昨日の仕事始めはコンタクトレンズで復帰しました。
そして昨日今日はまあなんとか夕方くらいまではそんなに辛くなかったのに、今日はもう夕方には右目にはっきり違和感が出て、結局ディスプレイを見つめ続けていたらダメなんだと再確認という流れに。実家のあたりの酷い乾燥や埃っぽさよりもディスプレイ長時間使用なのね。

しかし、かなり強めの近視なので眼鏡で生活するのもつらいものなのです。
眼鏡は視界の中にレンズを通して矯正した部分とレンズを通していない部分が混じるので、なんとなく集中出来ないというか、視界の混じりによる疲れがどうしても出ます。あと、フラメンコとかそこそこ激しく体を動かす時にはものすごく邪魔だし。
出来る限りコンタクトレンズで過ごしたいと思うと、ディスプレイを見つめ続ける時間を減らすというのが必須という結論です。つまりそれは今までのように毎日10時間とかそれ以上パソコンに齧りついて仕事をしている場合ではないよということなんだと思います。
自分の仕事の仕方や考え方を変え、能力を少しでも向上させて、仕事に費やす時間を減らしたいというのはここ5年くらいのテーマでありまだ達成されていない目標なのだけど、それが叶うかどうかの前に体というか目に「いい加減にしろ!」と言われてしまったというオチ。

結構長いこと今の職場にいて過労で体調や心を崩してしまった人を少なからず見てきたし、一方でワーカーホリックで寝ても覚めても仕事をしている人たちが回している部分というのも見えていたので、どうするのが自分にとってよいことなのかを最近はよく考えていました。ワーカーホリックなのと仕事の能力が高いことは別なのはわかっているし。
でも自分は歳を取りつづけごまかしがきかない程度に体は衰え方に向かっていると、どう考えてどう行動するかの前にこういうサインが否応なく出てしまい、そして、サインを無視して強行突破出来るような時期はもうとっくに終っていたのだなと痛感するのです。

なんだか悲しい話をしているようですが、そんなつもりはあまりありません。
だから私はもっと気持ちと体が一致しているような生活を目指したいなと思ったという話です。レジェンドと呼ばれるようなプロサッカー選手の生活でなくても、心と体が一致して動けることが大事だなあとしみじみ感じたから。
今日はまたひとつ歳を取ったので、最近考えていたことをブログにちょっとだけ書いておこうと思いました。
 |  日々のこと  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://landscape1sec.blog116.fc2.com/tb.php/970-d5fc0db1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。